2010年05月28日

皇太子さま、「みどりの愛護」のつどいに(時事通信)

 皇太子さまは23日、兵庫県三木市の県立三木総合防災公園で開かれた第21回全国「みどりの愛護」のつどいに出席された。
 式典で皇太子さまは「豊かな緑は私たちの暮らしにゆとりと潤いをもたらすとともに、多様な生態系を支え、地球温暖化をはじめとする環境問題の改善や、災害防止にも大切な役割を果たしています」とあいさつした。
 式典に続き、障害者の車いすテニスを視察した後、公園内の芝生広場に雨の中、ヤマザクラの苗木を記念植樹した。 

【関連ニュース】
温暖化基本法案が衆院通過=環境委員長解任案は否決
関心高まるエコ住宅=政府の施策も後押し
ユズやスダチを試験栽培=気候変動、温暖化に対抗
環境に配慮した成長を=黒田総裁が協力要請
COP16へ意見調整=主要排出国が閣僚級会合

ブレーキレバー折れ運転取りやめ JR西日本 (産経新聞)
<琵琶湖>ブラックバスでペットフード…沖島の住民が開発(毎日新聞)
10分5億円PR映像、JOC会長「必要経費」(読売新聞)
口蹄疫 足りない埋却地、学校敷地を検討(産経新聞)
篠山紀信氏を略式起訴=屋外ヌード撮影―東京地検(時事通信)
posted by トガワ ミキオ at 14:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

放鳥トキの卵、カラスが奪う=ペアの巣に飛来−新潟・佐渡島(時事通信)

 国の特別天然記念物トキの野生復帰を目指す環境省は10日、新潟県佐渡島で放鳥された30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、ペアの卵1個がカラスに奪われたと発表した。
 同省によると、このペアは昨年秋に放鳥された4歳雄と2歳雌。同日午前7時半ごろ、抱卵中だった雌が何かに驚いた様子で巣から飛び立ったところ、カラスが巣に飛来し、卵1個を奪った。 

【関連ニュース】
放鳥トキ、卵捨てる=カラスがつつき割る?
放鳥トキの産卵確認=一度やめたペア
放鳥トキ、再び産卵か=新たなペアも確認
放鳥トキ、最後の卵捨てる=別のペアに繁殖の期待も
「連携不足で被害拡大」=トキ襲撃で報告書案

元巨人・中畑氏「たちあがれ日本」が公認発表(読売新聞)
頭に殴られたあと、鶴見川女性遺体発見で殺人遺棄事件と断定/神奈川県警(カナロコ)
警察官を名乗る振り込め詐欺で、68歳女性が150万円被害(産経新聞)
<幹細胞>政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授(毎日新聞)
支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)
posted by トガワ ミキオ at 22:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。